紀の国大学とは

わかやまならではの多様な暮らしから
「未来」をつくる取り組みです。

和歌山県のもつ「強み」をより強固なものとするべく、大学・地方公共団体・企業等が連携して学生教育にあたり、以下の4つのテーマからわかやまの未来を切り拓く「事業」をおこし、「わかもの」を育てます。

  • 6次産業化
  • 移住先進地の再興
  • 商品・技術開発
  • 命と生活のインフラ
わかやまならではの多様な暮らしから「未来」をつくる取り組みです。
  1. 地域の力を結集し、「わかやま」で「わかもの」を育てたい

    地域の力を結集し、
    「わかやま」で「わかもの」を育てたい

    文学、教育学、経済学、工学、理学…、既存の教育・研究の枠組みにとらわれず、和歌山の未来を切り拓く新たな知見を得るために、学生たちが「わかやま」という広いキャンパスへと飛び出します。

  2. はるかな「わかやま」を想像し、ときめく「わかやま」を創造する

    はるかな「わかやま」を想像し、
    ときめく「わかやま」を創造する

    紀の国大学参加各校では、学生に「わかやま学」を共通の科目とし、和歌山の歴史・文化・風土について学びます。また、和歌山県の地方創生のテーマとなる様々な課題を現場の事例に即して考えるための基礎知識を修得します。

    それらをふまえた学生達が、実際に地域へと飛び込んでいき、地域の皆さんと出会い、地域の「いま」を知り、直面している課題を発掘します。学生たちは皆さんと課題を共有しながら、大学と地域がそれぞれもっている知を結びつけた新たな知を提供して、課題解決を模索します。

  3. 「わかもの」を「わかやま」へ

    「わかもの」を「わかやま」へ

    紀の国大学では、各地から集まった学生達が地元の自治体・企業・団体の皆さんと出会い、課題を分かち、ともに考え、ともに「はたらく」ことで、地域と皆さんを元気にしていきます。

大学、地方公共団体、企業等の連携による教育

大学、地方公共団体、企業等の連携による教育 和歌山工業高等専門学校 和歌山信愛女子短期大学 和歌山県立医科大学 大阪市立大学 大阪府立大学 摂南大学 関西大学 近畿大学 和歌山大学 和歌山県 和歌山中小企業団体中央会 和歌山県経営者協会 紀陽銀行

※大学ロゴや企業名をクリックすると各機関のホームページに移動します

紀の国大学協議会会長あいさつ

紀の国大学は、文部科学省の推進する「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の認定を受け、和歌山県の地域課題解決を推進する共同事業体です。

「地元の人々・企業・自治体を元気にする人材」・「地元で活躍できる人材」を育成すべく、県下全域をキャンパスとして、学生教育を展開して参ります。皆様方には、これまで培ってこられた知見を、授業の場で学生達にご提供いただければと思います。また、学生達を現場に受け入れていただき、より実践的な知見をご教授いただきたくお願い申し上げます。

紀の国大学はこれから地域と学生が互いに助け合いながら、わかやまの未来を切り開いていく事業です。

ご参加、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

和歌山大学 第16代学長瀧 寛和

「紀の国大学」参加・協力のお願い

  • 地域の皆さんへ

    まちづくり参画の受け入れ
    セミナー講師派遣

  • 企業の皆さんへ

    インターンシップの受け入れ
    セミナー講師派遣

  • 自治体の皆さんへ

    まちづくり参画の受け入れ
    セミナー講師派遣

本事業では、皆様が携わっていらっしゃる仕事やまちづくりの現場を実際に体験することで、自ら行動を起こし、和歌山を元気にする「わかもの」を育てることを目標にしております。皆様方には、これまで培ってこられた知見を提供して頂ければと思います。また、学生達を現場に受け入れて頂き、より実践的な知見をご教授頂きたくお願い申し上げます。

紀の国大学事務局

和歌山大学 COC+推進室 内

〒640-8510 和歌山県和歌山市栄谷930

http://cocplus.wakayama-u.ac.jp